乳酸菌の効果

乳酸菌の効果

乳酸菌の効果

乳酸菌というのは善玉菌の一種で摂取することで腸内環境を改善することが出来ます。ヨーグルトとかチーズなどに多く含まれていて毎日乳酸菌を摂取することで便秘を解消、肌荒れを予防することが出来ます。


腸内には善玉菌と悪玉菌と日和見菌がいてそのバランスが非常に重要なんです。悪玉菌が優勢だと日和見菌も悪玉菌と同じ働きをし便秘になったり、疲れがなかなか取れなかったり、また長期化すると血行が悪くなったり冷え性などの症状が出てきてしまいます。


だからせっせと乳酸菌を摂取する必要があるのです。食品からの摂取が難しい場合は乳酸菌サプリメントなども存在します。それに便秘改善と肌荒れ予防だけではなく腸内環境がよくなれば免疫力がアップし風邪などをひきにくくなりますし、アレルギー症状、花粉症などの症状も緩和します。


私の場合はアレルギーも花粉症もないのですが、冷え性、便秘の症状があって冷え性の悪化で生理痛まで酷くなってしまったのでヨーグルトを食べるようになったのです。ヨーグルトは好きですし、苺ジャムを混ぜたり、ハチミツを混ぜたりして味を変えて楽しんでいます。またオリゴ糖は乳酸菌の餌となるのでより効果がアップすると知りヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べたりもします。


きな粉とかも意外と美味しく食べれるのでお勧めですよ。また効果としては確かにヨーグルトを毎日食べるようになってからスッキリ快調で便秘になることもほとんどありません。たまにストレスによって便秘になることはあるんですがそんな時は食物繊維を含む食品を食べるように心がけています。1日100gほどのヨーグルトを食べるだけでこんなに違うモノかと効果にちょっとビックリしますよ。